LINEスタンプ 申請時に権利者の許諾が証明できないもの と出た時の対処法

ハロー!いろいろLINEスタンプみんな作ってる?

まぁLINEスタンプ!最近とっても審査早くなってきたね!

ほんだったら!個人でもガンガンLINEスタンプ制作して、申請したったらえぇやん!!
と思い。勢い勇んで申請したもののリジェクト食らっちゃったよ!OH!SHIT!

とよくなるリジェクトの原因は「申請時に権利者の許諾が証明できないもの」と出た場合ですね。

まぁ簡単に言えば、パクリとかそういうのあるから、本当に本人が書いた絵なの?
この絵の権利は誰にあるの? っというところですね。

まーでも最近は完全に順番変えただけのパクリスタンプだろ! とかこれって
あれのパクリだろ! というのもありますがそれは別の問題。 

ってなわけで
当社なりのこの問題が起きた場合の回避方法!

とりあえず、自社サイトやブログなどでLINEスタンプ制作進行中!!とかなんかの記事を
スタンプの画像とともに公開!

本当にこの会社・個人で 今スタンプ制作中なんですよ! 申請しているんですよ! というのをアピールすればOKです。

私個人でもスタンプは数個制作・申請をしていますが、
個人のHPと制作中と書いたブログの記事で申請は ちゃんと通りましたよ。

まーそれにしても、
どうしても、企業のスタンプを申請するときは  携帯電話一つに一つのLINEIDと
紐づいている形になるので まーあれですよね。 ちょっとめんどくさいですよね
個人の携帯でやるのもなんだか不安ですし
かといってLINEスタンプ申請用だけのためにLINEIDとるのも なんだかですしねー

携帯のLINEIDと紐づいているので下手にアンインストールとか乗っ取られたりすると
結構めんどくさいんですよね。

その話はまた機会があれば!
それではまたー



名古屋のホームページ制作会社 イラスト制作 ウェブアース
ホームページ制作 イラスト制作 アースエイジ総合サイト

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*